オープンステアのベビーゲード問題

どうも、かむかむシリーズはピンクグレープフルーツが好きなクマノジョーです🐻

 

もうどこにも見ないんですよねぇ

ピンクグレープフルーツ味のボトル😧

 

袋ではたまに見るけど

ボトルは見ないのよねぇ~😧

 

 

さて、本題です

 

今回は最近悩みの種となっております

オープンステアについて今回は書いてみようかと思います🤔

 

 

またかっ!!・・・と思わず

暇だったら続きを見て下さい😂

 

いろいろ書きたくなるほどオープンステアは難敵って事です😂

 

 

・・・てことで行きます

 

今までのクマノジョーオープンステア情勢は

オープンステア下スペースの実測完了👍🏼

IKEAの家具を設置予定、そして購入👍🏼

・・・と思ったらちょっとサイズ違いで後日交換予定😂

 

って感じです

 

いろいろクマノジョーをもてあそんでくれるツンデレオープンステアですが、今度はベビーゲードをどうやって付けるか問題の直面しております😅

 

 

ベビーゲートについてはいろんな方が試行錯誤して取付していらっしゃいますので

正直な所、それほど問題ではありません・・・😙

 

 

ありませんが・・・

 

 

設置する為の費用を極力抑えたい😆

 

 

我が儘全開だけど・・・😆

費用を抑えつつも安全性を確保

それでいてカッチョ良く

そして便利に・・・(開閉を楽にしたい)

 

 

・・・と夢のような事を考えておりますが

 

 

とにかくそれが理想です・・・😂

 

 

 

一応・・・一応書きますが

オープンステア・・・

普通のベビーゲートは付けれませんのでご注意ください😅



ベビーゲートの構造はちょっとだけ開いている金属フレームをネジの力で無理矢理突っ張って扉が丁度いい具合に閉まるように固定するので、ゲートの両サイドの壁に凄い圧力がかかります・・・

※金属フレームが外側に開こう開こうとする力をグイッっと抑え込むからね

 

 

ゲートを付ける所の両サイドが普通の壁なら問題ないですが、オープンステアの様にアルミフレームの支柱(固定は根本のみ)の場合、ゲートから掛かる圧力に耐えきれません

 

写真の様に赤矢印の方向にゲートから力が加わり続ける為

最悪の場合、アルミの支柱が曲がるか折れるかの可能性も見えて来るかも・・・・です😱

 

 

なのでごくごく普通のゲートは付けれない事になります😰

 

 

となると、付ける方法としてはロールカーテンのような奴🤔

 

・・・・が、それが超たっけぇ訳でして😫

 

 

一条から出てるキディガードなるロールタイプのゲートのお値段が

 

たしか35,000円位・・・だったかな?😫

 

・・・

 

 

・・・・・

 

 

 

高ぇよっ!!😫

 

子供の安全を守りたいけど高ぇよっ!!😫

 

 

・・・と、とにかく高ぇ訳です🤔

 

一条のじゃない物をネットで探しても大体1万以上するロールタイプのゲート・・・

 

 

何とかならんもんかねぇ🤔

普通のゲートなら、中古ショップで1000円位で売ってるのにね・・・🙄

 

 

この金額差に激しく購入を躊躇しております・・・・😫

 

 

・・・がそんな事を言ってられない状況になって来てるのも事実😅

 

 

って事で、現在クマノジョーの作戦プランは

 

①普通にキディガード

②一条にサッシ用のロールタイプ網戸をもらう

 ※できるのか?そんな事

③プルコード式のロールスクリーンを付ける

 ※縦・横迷う・・・ってか出来るのか?

④階段廻りをゲートで囲っちゃう

⑤置き型のゲートを置く

 

 

・・・の5種がプランにあります

 

 

いずれにしても、クマノジョーが思うに

ベビーゲート自体に強度はもちろん欲しいけど

通行できる場所と認識さえされなければいい😅

 

・・・と思っているので

 

ちょっと強度のある目隠し程度でも

十分効果を発揮してくれる・・・かな😅

 

 

という作戦です。

 

今現状、キディガードはありませんが

もろもろ作戦用にいろいろ揃えている真っ最中ですので、良かったものダメなものそれぞれ今後アップしてみたいと思いまーす😌

 



-i-smartⅡでマイホーム, インテリア関係, 試行錯誤

Copyright© 一条バカのi-smartでマイホーム , 2020 All Rights Reserved.